経済力がある男性は簡単にセックスできます

セフレ

はっきりいって、経済力があることは、婚活市場では非常に有利になります。

だから経済力がある男性はほんとうに簡単にセックスできます

どんな美女だろうとよりどりみどりです。

彼女たちは金持ちと結婚したいのだから、そのためにセックスをするのは当然なのです。セックスをさせてあげるから、あなたの金を使わせてねと思っているのです。

「男性の年収が多くないとダメ」といっている女性を、男性は嫌いますが、それが現実なのだから仕方ない。

そもそも、男性がお金持ちであるというのは、女性が裕福な生活を送りたいというだけの理由ではないのです。経済力のある人は一般的に人間力がある。知的である。家柄が良い。学歴がある。努力ができる人であるというイメージがあるのです。

もちろん、イメージだけではありません。実際に、そういった人間性と経済力は強い相関があるでしょう。

で、あるならば、もしもみなさんが、年収を増やすことができるのであれば、仕事を頑張ることが結婚への近道なのです。仕事を一生懸命頑張って経済力を身につけてください。

身も蓋もないいいかたですが、それが真実です。

それに、年収が高くないとダメといっている女性をこんなふうに見ることもできます。

「自分の子供をお金のことで苦労させたくない」と。

もしも、女性が十分に年収があったとしても、妊娠や子育て中は働くことができません。そのあいだ、子供に経済的な苦労をかけたくないと考えるのは、母親として当然なのです。

ぎゃくに、その程度の先見性もないような女性は、人間的に魅力がないと考えることができます。

経済力がないからとガッカリすることはありません。

もちろん、経済力を高められない人は結婚できないというわけではありません。

たとえば、公務員の方は、すごくがんばったからといって、年収がすごく増えるというわけではないでしょう。でも、その場合には公務員という地位を武器にすればいい。

あるいは、家事がすごく得意なら、家事が苦手でコンプレックスを持っている女性を一生懸命探せばいい。

というか、極端な話、年収が多いとウソをついてしまえばいいわけですね。

セックスをするためにプロフィールは文字数いっぱいに書く

セフレ

セックスをするためにプロフィールは文字数いっぱいに書くようにしてください。

一回一回のメールの文字数を増やすのは労力もかかるし、そもそも、長文メールを送ってくる男性って気持ち悪いなんていう女性もいます。

しかし、プロフィールは違います。こちらが勝手に書いているだけなんだから、どれだけ書いても迷惑に思われない。

しかも、一度がんばってプロフィールを書いてしまえば、そのプロフィールは、そのサイトを利用する限りずーっと効果を発揮します。そのプロフィールを利用して何度も何度もセックスをできるのです。

さらに、いっかい練りに練ってプロフィールを作ってしまえば、他の出会い系サイトに入会した時も、そのプロフィールを利用することができるんです。

女性が出会いに求めるものは安心

そもそも、女性は出会い系サイトで男性と会うときにもっとも重視するのは安心です。

どんなに魅力的でも、危険だなと思われた瞬間に、ぜったいに会ってもらえないことが確定します。

女性に安心してもらう最良の方法は、こちらの情報をより多く知ってもらうことです。当然ながら、知れば知るほど、人は安心します。他人ではなくなるほど親密になっていきます。

しかし、一生懸命メールを送って、知ってください知ってくださいと言ってしまっては怖い人になってしまいます。

そこでプロフィールなのです。女性はヤリトリを続けている男性のプロフィールを必ず読みます。そして、そこで情報をたくさん掲載しているというだけで、女性は安心を感じて、より出会いまでの距離が近くなっていくものなのです。

結婚願望をエサに出会いを成功させる

セフレ

wedding_hawaii_nangoku

出会い系サイトにもよりますが、結婚願望を全開にすると、女性からばんばんメールが届くなんていう場合があります。

といってもただただ結婚したいなんていってもだめですね。

そこでオススメは、離婚して子どもと暮らしている+高収入+仕事が忙しいの3点セットです。

たとえば、子供がいるというと、高収入だということに信憑性が出るんですね。

ただの高収入の男性って信用してもらえませんよね。ところが、子供がいるとなると、いっきに信ぴょう性が上がるんです。だって、そんなウソをつく男性はふつうはいないって思いますよね。

婚活をしている女性からは入れ食い状態ですよ。

もちろん悪用厳禁ですけど(笑)

出会い系サイトでは職業はウソをつくべき

セフレ

job_syouboushi_man

職業はとにかくいろいろ変更しましょう。ウソをつきましょう。

デザイナー・学生・教師。

もちろん、専門知識が必要でボロが出てしまうような場合は問題ですが、そうでなければ、どんどんウソをついてください。

いろいろな自分を用意してください。

利用しているサイト・あなたのスペック・キャラクターなどとの組み合わせで、出会いに成功できる確率の高い職業が見つかるはずです。

世の中には、学生を探している女性もいれば、サラリーマンを探している女性もいます。そしてそのことをわざわざプロフィールに書いたりはしません。

たとえば、サラリーマンとして100通メールを送るなら、5つの職業で20通ずつメールを送るほうがはるかに出会いの可能性が高まるんです。

そして、一番返信確率の低かった職業を変更してみてください。徐々に、出会いの成功率が上がっていくことが確認できると思います。

これは職業だけではなく、あらゆるプロフィールに応用できます。

たとえば、あなたが30歳だったら、25~35歳くらいまでは対応可能なのではないでしょうか。

趣味も、アウトドアが好きインドアが好きなど、いろいろな組み合わせが可能ですね。

そして、そうやってモテる男性を形作っていくんです。

そして、女性と会った時はそういう男性を演じるんです。

なんだか俳優になったみたいで楽しいですよね。

女性はウソをつく生き物なのです

セフレ

出会い系をしていると、しみじみ思うのが…

女性はウソばっかり!ということですね(笑)

もちろん、出会い系という場なのですからそれを言ったら男もお互い様でしょうしいちいち文句を言うのは野暮ってものなのでしょうがさすがにそれはないだろ!?

っていうのもあったりしますからね。

年齢詐称はもはや当たり前。

写メも加工したり口元を隠したりというのは基本ですね。特にマスクをつけて斜め上から撮っている場合は要注意です!

以前はプリクラほど信用できない写真はなかったのですが、最近ではスマホでもお手軽に加工できてしまうため、もはや何を信じていいのやら状態です。

セフレにするなら人妻が最高。デートやプレゼントなど余分な出費が必要ないからコスパは最高です。

セフレ

セフレにするなら人妻が最高。デートやプレゼントなど余分な出費が必要ないからコスパは最高です。

人妻とエッチしたいのなら、出会い系サイトを利用するのが良いと思います。

それは、手っ取り早くエッチができるからです。

通常、人妻と出会うには、ナンパとか人妻のパーティーみたいなところに行かないと会えず、会っても、すぐにはエッチはできませんよね。

まず、その人妻とある程度話をしないといけませんし、話が合っても、即ホテルとはいかず、デート等を重ねないといけないことが多いと思います。

その点、出会い系サイトだと、サイトに登録される人妻の多くは、エッチ目的の方が多いので、展開が早いのです。

先日、エッチした人妻は、メールのやり取りを2日程した後、初めて会った日にエッチをしたのですから。

その人妻は掲示板に『最近してないな~。』と書き込んでいたのを見つけ、『私としてみます?』と冗談ぽくメールをしたところ『いいですね。しちゃいますか。』とノリのよい返事が来たのです。

それから、何度かメールのやり取りをしていたら、人妻と分かり、しかも、最近主人とは、エッチをしてなくて、とてもエッチがしたいことが分かり、『僕で良ければ、お相手しますよ。』とメールしたら、『じゃあ、この日に会えますか?』と返事が来たのです。

ほんと、展開が早いなと思いましたね。

当日、初めて会った人妻は、28歳で、子供はいないとのこと。

とてもグラマーな方なので、どうして、ご主人がエッチしないのか不思議なくらいでした。

とりあえず、喫茶店に行き、お話をした後、そのままラブホテルに行きました。

彼女、喫茶店で座っているときから、もぞもぞしていたので、多分、エッチがしたいのかなと思って、部屋に入り、彼女にキスをしながら、パンティーを触ると、パンティーがグチョグチョになっていました。

『こんなに濡れているね。』と私が言うと『恥ずかしいわ。そんなこと言わないで。』と言ってから、私にキスをする彼女。

これは、今日は、とても楽しめると思った私は、ベッドに行き、彼女の服を脱がせることにしました。

グチョグチョのパンティーを脱がせると、アンダーヘアーに、彼女の愛液のしずくがついていて、そのしずくをアンダーヘアーごと舐めると『あん!イイ!』と声を上げる彼女。

その声に興奮した私は、彼女をベッドに押し倒し、彼女の股を開き、お〇んこを見たら、お〇んこから滴り流れている愛液が!!

それを吸うように舐めると『あっ、あああああ!たまんない!!』と喘ぎ声が大きくなり、さらにその行為を続けると『いっちゃう、いっちゃう!いく~。』と絶頂感に達してしまいました。

しばらく、彼女が回復するまで待っていたら、彼女が起きて『今も、すっごく良かった。今度は、私がするね。』とフェラをしてくれました。

彼女のフェラは、丁寧なフェラで、彼女の口の中に包み込んでくれるかのような感覚になるのです。

そして、ゆっくり上下運動している間、舌もゆっくり私の〇んぽに絡ませてくるのです。

こんなフェラは、あまり経験がなかったし、新鮮でしたので、とても気持ち良かったです。

それゆえ、出ちゃいそうになったので、彼女のお〇んこに入れることにしました。

正常位からする予定でしたが、彼女からのリクエストで、騎乗位からすることに。

彼女は、騎乗位が大好きみたいで、私を寝させると、右手でお〇んぽを握り、固定させると、徐々に腰を下ろし、先っぽが入った瞬間、右手を離し、後は、腰を徐々に下ろしていく度に、『あ~。入っていく~。』と声を上げた後、足をM字型にして、奥まで入れようとしたのです。

『奥まで入っている!!』と言った後、自ら腰を動かし始めるのです。

『あっ、あっ!いい!』と腰を動かしながら感じる彼女を見て、私は、とても興奮しました。

そして、私が腰を動かすと、彼女の感度は、MAXに!

『アアアア、イイイイイ、たまんない!』『いく、いく、いっちゃうよ!』と2回目の絶頂感に達しました。

その後も、バック、座位等体位を変える度、絶頂感に達した彼女。

最後は、胸に精液を出したのですが、それを愛おしそうに指ですくい、舐めている姿がとてもエロかったです。

ページの先頭へ