「2017年4月」の記事一覧

女性との会話の内容

セフレ

セフレ作りで大事なのは何といっても会話です。

メールでのやりとりにしろ、実際に面と向かって話すにしろ、黙ったままではお互いに気まずくなってしまいます。 そのために大切なのは、お互いに楽しく話せて話が膨らみそうな話題を予め用意しておくことです。

わたしたちは、会話の内容に非常に困ってしまいます。話したいけど話題が浮かんできません。だから、事前にどんな話をすべきかを予習しておく必要があります。

とはいえ、相手と事前に打ち合わせするなんてことはもちろんできません。どんな話をしたら女性は喜ぶのでしょうか?

ニュース系の話題はNG

基本的なところとして、女性との会話では政治や時事問題などの話題はあまりしない方がいいでしょう。

このような話題を出してしまうと、意識していても持論を持ち出してしまいがちです。 知らず知らずのうちに批判を繰り返せば、「この人って頭良さそうだけど否定ばかりしてネガティブな人なんだな」と思われてしまうのがオチです。 また、下手をすればただの知識のひけらかしとも捉えられかねません。

また、○○動物園で××という動物の赤ちゃんが生まれたみたい、といった話題もテレビで見たというだけでは意外に話題が膨らみにくいです。 その理由は、女性はリアリティを求めるからです。上の例ですと、女性が知りたいのは赤ちゃんが生まれたということではなく、その赤ちゃんが実際に可愛かったのかどうかということです。つまり、女性が興味のある話題とはメディアというフィルターを通した情報ではなく、あなた自身が生身で得た情報なのです。

マニアックな話題はありか?なしか?

人にはそれぞれ異なった趣味があります。その趣味が高じていけば、自然と多くの専門知識も頭に入っているはずですし、経験もしているはずです。 しかしながら、マニアックな話題というものは上手くいけば話が膨らんでいく格好の材料となりますが、逆に相手にドン引きされかねない危険な話題でもあります。 例え自分が好きなものでも、相手が好きなジャンルかどうか分からない場合は、話すのに躊躇するかと思います。

ですが、マニアックな話題は余程相手の女性が毛嫌いしているものでない限りは、受け入れる場合が多いです。

その時の注意点は、常に相手の様子を気にかけることです。好きなものの話題ですと、ついつい突っ走って話したくなってしまいますが、相手があまり知らないジャンルの場合は、興味がありそうなら一から教えるような感覚で、あまり興味がなさそうなら早めに話題を切り上げるようにしましょう。

相手の話にこそヒントがある!

話題は何も自分からだけ出すものではありません。女性側も話したいのですから、どんどん話題を提供してくれます。 特に、おしゃべりな女性の場合は、自分から無理に話題を出すのではなく、相手が話す話題をヒントに、「そういえばこういうものもあるよね」みたいに控えめに話題を膨らませる聞き手に回る方が話が進みます。

相手が話したい場合は、話の腰を折るのではなく、話を聞いて楽しむ側に回るようにした方がいいでしょう。

モテるようになってセフレを作りたい→モテるために自分を変えるのは欺瞞であるという錯覚

セフレ

モテるようになってセフレを作りたい。

だけどモテない。

あなたがモテていないとしたらまず最初にすべきことはなんでしょうか?

  • 仕事をがんばって自分の社会的地位や収入を上げること?
  • ダイエットをして体を鍛えること?
  • 会話術の本を買ってきて女性とのコミュニケーションをスムーズにできるようにすること?

どれも大切ですが、まず最初にすべきことは違います。

最初にすべきは、あなたの髪型・服装を変更することです。

これは「たったの一日であなたを劇的にモテるようにすること」なのですから。

もちろん、それで、すぐに明日から多くの女性に言い寄られるというわけではありません。

しかし、変える前のあなたと変えた後のあなたを比較して、変える前のあなたを選ぶ女性は1人もいないはず。

これほど簡単に「モテる要素」を積み重ねられる変更はありません。

なぜ変えないのか

それでは世の中にはなぜ見た目を変えようとしない男性が多いのでしょうか。

理由のひとつは「面倒だから」でしょう。たしかに、見た目を変える面倒くささがモテたいという気持ちを上回っているなら、変えないことは合理的な行動です。あなたがそういう人生を選ぶなら、何もいうことはありません。

しかし、面倒くさいからではなくて、ひねくれた自意識から自分を変えようとしない男性がいます。

モテるために自分を変えるのは欺瞞であるという錯覚

モテるために服装を変えたり髪型を変えたりすることにある種の欺瞞を感じてしまう人がいるのです。こういう人は女性にモテるために性格を変えたり趣味を変えたりすることはしません。

モテるために自分を変えることは「卑怯なこと」だとさえ思っているのです。自分を偽って女性を手に入れようとしているという錯覚に囚われています。

モテるために自分を変えることは正義

しかし、発想を転換してください。

モテるために自分を変えることは、女性へのサービスなんです。女性が不快な思いをしないために自分が女性に好かれる服装をするということは女性への奉仕なのです。

営業マンがネクタイをするように、ホテルマンが手袋をするように、サービスをされる側は相手の見た目のレベルを要求する権利があるのです。

そうやって自分を変えて恋愛をすることに罪悪感を感じる必要はないのです。

女性の側も同じ

そもそも、それが女性の側でもまったく同じこと。女性側だって何かしらの「欲望」を抱えて男性と付き合うわけです。しかもオシャレして香水をつけて髪型を整えて、何らかの「欲望」を満たそうと努力しているのです。そういうふうに恋愛市場は成り立っているのです。

つまり、あなたが、あなたの勝手な理由で、おかしな自意識からサービスを放棄することは、この市場からはじき出されることを意味します。

結論

そうなれば話は簡単ですね。すぐにでも、あなたは自分を恋愛のサービスマンに変更してください。髪型を変え、服装を変え、靴を履き替えて、女性にモテそうな趣味を始めてください。自分の欲望に忠実になってください。あなたは誰も傷つけることはありません。自分が傷つくこともありません。

ページの先頭へ