人妻セフレの作り方

セフレ

人妻は独身女子に比べ攻略しやすい。その理由は3つあります。

  • 人妻はある程度、まともである
  • 人妻のコンプレックスは分かりやすい
  • 人妻とは割り切った関係が成立しやすい

以下で詳しく説明しましょう。

人妻が攻略しやすい理由

人妻はある程度、まともである

人妻は基本的に結婚生活を送っている女性ですから、ある程度常識があります。出会い系サイトに登録している独身女性はメンヘラ率が高い傾向にありますが、人妻の場合はそうでもありません。旦那がいて、まして子供もいる人妻なら、社会的に真っ当な生き方をしている人がほとんどです。

ですから誘いの段階でこちらが誠実な対応をすれば、人妻も誠意ある対応をしてくれます。メンヘラ女のように面倒なコミュニケーションを強いてくることもなく、わりとスムーズに深い関係へと進めていくことができるのです。そしてセフレの関係になってからも、ストーカーみたく粘着してきたり唐突に不可解な行動を取ったりしないので、比較的安全です。

人妻のコンプレックスは分かりやすい

女性を落とすために大事なことは、いかに相手の心を揺さぶるかです。ただ優しく振る舞っているだけでは、なかなか一線を越えられません。ぼんやりした印象のままです。女性に「この人なら」と思わせる、決め手のスパイスが必要なのです。

その際有効なのが、女性のコンプレックスをうまく利用すること。自分が一番気にしているコンプレックスに関しては、人に褒められてもけなされても、かなり動揺しますよね。コンプレックスを突くことが、相手の気持ちをコントロールする鍵となるのです。

女性のコンプレックスを知ることは、至難の業です。かなり美人なのに鼻が低いとか、顔が大きいとかを本気で気にしている子も少なくありません。むしろ痩せすぎでは…といったスリムな女性が、自分は太りすぎだと本気で悩んでいることもあります。しかし人妻に関しては、比較的コンプレックスがストレートで分かりやすいのです。

例えば子持ちの人妻なら、かなりの確実でオッパイにコンプレックスがあります。なぜか…?それは赤ちゃんの授乳のために一度使われたオッパイは、若いころとは比べ物にならないくらい、ハリもボリュームもなくなっているからです。仕方ないこととはいえ、女体の象徴であるオッパイに自信を無くした人妻たちは、強いコンプレックスを抱えて生きています。出会い系で出会った男性といい感じになっても、セックスには慎重になっているとしたら、もしかして自信の無いオッパイを見られることに躊躇しているのかもしれません。

もしくは産後たるんでしまったお腹など。年齢を重ねたせいもありますが、やはり体型の崩れは、人妻のコンプレックスの上位を占めています。

人妻とは割り切った関係が成立しやすい

離婚は考えていないけれど、寂しさを埋めるため、また性欲を満たすために出会い系サイトに登録している人妻は、本人たちも男性と割り切った関係を望んでいます。独身の女の子だとこちらはセフレのつもりでも、すぐに本気で好きになってしまい、付き合いたい、結婚したいと騒がれて困るんですよね。でも人妻なら自分の家庭を壊すわけにもいかないので、そうした気持ちはセーブしてくれます。もし万が一「離婚してあなたと一緒になりたい」と重いことを言ってきたら、「旦那にバラしちゃってもいいの?」と切り札を出すことができるので便利です。

ただし自分の素性が知れて、相手の旦那に訴えられては大変ですから、くれぐれも個人情報の開示はしないよう注意しましょう。

人妻を思い通りに操るテクニック

人妻が攻略しやすい理由がわかったところで、次は、人妻を思い通りに操るテクニックの紹介です。

最初は褒めて落とせ

最初はとにかく褒めまくるのが有効。主婦の仕事である家事は、細々とした用事が毎日休みなく続く、精神的重労働。なのに家族からは、やって当たり前、お礼を言われることも対価をもらえることもありません。そんな生活に嫌気がさしている人妻が、出会った男性から褒められ優しく扱われたら…。コロっと心を開いてしまうのは時間の問題です。

実際に会う前なら「主婦ってすごいね~尊敬する」とか「メールから分かるけど、とても優しくて女性らしい」とか想像の範囲で褒めましょう。それで気を良くすれば、いざ会ってお茶やご飯の約束を取り付けることができるかもしれません。

初めて会った日は、「その洋服すごく似合っていて素敵だ」「想像していたよりも若くてキレイで驚いた」と期待値以上だったということを強調してください。会うのが不安だった人妻に、自信を与えてあげるのです。もし褒めるネタが尽きてきたら、「声がセクシーだ」「女性フェロモンがたまらない」など抽象的ことでも何でもありです。

ちなみに人妻が大好きな言葉は「人妻には見えないよ」です。「結婚しているとは思えない(ほど美しい)」「結婚しているなんてもったいない」とのニュアンスで受け取ってもらえます。

さらに人妻が抱えるコンプレックスを絡めて褒めていきましょう。少々ぽっちゃりした体型でも、物は言いよう。「その柔らかそうな身体、女性らしくて最高だ」「若い子の肌にはない、しっとりとした優しさがある」でOK。女性は言葉をニュアンスで受け取るので、多少適当に言ってもバレません。

「小さめのバストが好みなんだ」「オッパイは見た目より感度」
相手のオッパイを見てコンプレックスを想像し、そこをフォローするようにガンガン褒めていきましょう。

二回目以降は刺激を与える

褒めちぎり作戦が成功して、うまく人妻をセフレにすることができたなら、今後も関係を続けていきたいですよね。

人妻が深層心理では出会い系サイトに何を求めているか。それは刺激です。専業主婦の人妻はとくに、毎日毎日同じ家事の繰り返しで退屈しています。しかも旦那ともセックスレスとくれば、女盛りのお年頃なら性欲もたまっていることでしょう。セフレとのエッチは、より刺激的ものを求めているはずです。

優しくおだて、褒め落とした人妻に、二回目からは少々辛口な言葉を投げかけてみます。「もっと激しくできないの?」「毎日したいんだろ?」と挑戦的に攻めていきます。
最初は困惑の表情を浮かべていても、そのうち人妻のほうがそんなやり取りにハマってきます。厳しさばかりでは心離れてしまうので、ときには優しい言葉もかけてアメとムチを上手に使い分けましょう。そのメリハリが、中毒性を生むのです。

自分の会いたいときに呼び出せて、プレイや関係性も主導系を握れるセフレ…。最高ですよね。

別れるときも簡単

元々割り切った関係ということで始めたセフレも、女性の方が本気になってしまうと別れ際が面倒くさいものです。でも人妻なら、飽きて終わりにしたいなと思ったら、比較的スムーズに納得させられます。
「家庭壊れるよ?」この一言で済むからです。遊びのつもりで始めた人妻なら、すぐ我に返って黙るでしょう。浮気していたことを旦那にバラされたら、最悪の事態ですからね。
「あなたも同罪だ」と理屈をこねてきたら、現実を突きつければいいのです。「冷静に考えてみてごらん?こんなことして家庭を失うのはあなただよ」と。もしあなたも既婚なら、互いに秘密は守ることを念押ししておきましょう。

人妻セフレならではのお楽しみは…

セフレという都合のいい関係を望むなら、人妻がベストだと述べてきましたが、あともう一つ、人妻セフレならではの特典があります。

それは、背徳感。

人の奥さん、イケないものに手を出す興奮。これは実際味わってみないと分からないかもしれません。しかしお金を払えば抱かせてくれる風俗嬢と、真逆に位置するこの感覚。一度は経験してもらいたい…!

人妻はマニュアル通り攻略すれば、高確率でセフレにできます。出会い系サイトで女性選びをする際は、ぜひ参考にしてみてください。

オタクをうまくアピールして、今日から恋愛始めてみない!?

セフレ

オタクなんて世の中の女性たちから毛嫌いされる、最もモテない人種…。なんて自分を卑下しすぎていませんか?でもオタク男ならではのアピールポイントって、女目線から見ていっぱいあるんですよ…?

オタクの性質で女性受けする部分を熟知していれば、恋愛の自己アピールに役立ちます!生まれてこのかたずっとオタクで、恋愛とは全く無縁だったという人。これを機に、いざ恋愛を始めてみませんか!?

オタクは基本、頭がイイ

そもそもオタクって、自分の好きな分野に関しては誰にも負けないくらいの知識を持っていますよね?それって頭イイってことです。

スポーツ男子だけがモテるのは、小学校、中学校時代の話。大人になってからは、頭が良い男だって全然モテます。なにか女性から質問されたときその答え方がプロっぽく専門的であればあるほど、「この男、頭イイ~!」とプラス評価されるものなんです。

もし気になる女の子がいれば、その子が興味ありそうな事柄に関して、ちょこちょこっと予習しておきましょう。流行りの音楽とか、美味しいお店とか。女の子と仲良くなるためだと思えば、どうでもいい分野であっても興味持てますよね!?

「自分より頭の良い人が好き!」という、あまり賢すぎない系のカワイイ女子を落とす、格好のチャンスですよ。

オタクは基本、無駄遣いしない

金払いのいいカッコつけ男というのは、軽い付き合いのうちはいいですが、将来を見据えた彼氏、実際の旦那となると金遣いが荒くて大変です。恋愛経験豊富な女性は、そのことをよく分かっています。周りに豪快にごちそうしたり、自分の車やファッションに派手に浪費する男性に対して、あまりいい印象を持たないのです。

その点、オタクはどうでしょう。自分の専門分野にはある程度投資しますが、一般的な男性に比べると限りなく狭い範囲です。他には興味ありません。つまり堅実派です。
現実主義でしっかりした女性は、将来を考えられる相手としか恋愛しません。よって比較的無駄遣いをしないオタク男は、彼女たちが理想とする恋愛対象にしっかりとに食い込めます。

オタクは基本、浮気しない

異性にモテる男は、付き合っているときも結婚してからも、ずっと浮気の心配が付きまといますよね。「そんなの安心できないいから嫌」と考える女性も多いです。
オタクは基本、浮気しないでしょう?というか正確には、浮気できる機会が少ないということですが…。とにかく、彼女からすれば安全パイです。仕事で会えない日が続いても、帰宅時間が遅くても、急に変な出張が入ったって、まず浮気だとは疑われません。オタクはとても安心感のある、癒し系男子です。
ガツガツしない草食系がもてはやされる昨今の恋愛市場において、今後もますます株は上がっていくと予測できます。

オタクは基本、一途である

ひとつのことに一心不乱にのめり込んでいける、オタク族。言い換えれば、一途ですよね。昔から、一途な男というのは女性から人気があります。

もし全く恋愛経験のないオタクに、念願の彼女ができたとしましょう。妄想彼女じゃない、2次元でもない、マジのリアル彼女です。「この子を逃したら、もう一生独りかもしれない…!」と思いますよね?何が何でも、彼女を大切にしますよね??
というわけでオタクは基本、一途な性格なんです。

オタクは売り込み方次第!

素材的には決して悪くないオタク族。しかし現実は、なかなか恋愛市場で日の目をみることができません。それは世の中の、オタクに対する先入観のせいだけではないんです。オタクだからと諦めて、女性に気に入られる努力をしていないからなんです。

どうやって売り込んでいけば、オタクの真の魅力をうまく伝えられるのでしょう…?

そこでオタクの外見をオブラートで包む、という方法をお勧めします。決してオタクとしての生き方をやめろというわけではありません。ただ女性から見てどうしようもないオタクのビジュアルを、カモフラージュしてあげようという作戦です。

今すぐ、オタクファッションを改革しましょう。自宅やオタクコミュニティーでの服装は、今まで通り自由で構いません。でも女性と会うときだけは、女性が好むテイストに合わせてあげようじゃありませんか。ファッションを変えるだけで、初対面で恋愛対象から排除されることもなくなります。

女性受けするファッションで大事なのは、一にも二にも清潔感。クリーンな身だしなみは、全女性への最低限のマナーです。そして間違っても、中学生のときから着続けているような、時代錯誤なファッションをしないこと。高級ブランドでなくてもかまいません。ショップ定員が全身コーディネートしてくれる価格帯の店ならOK。ここぞという日の一張羅として、上から下までカッコよく揃えてもらいましょう。

「ファストファッションブランドで、もっと安く済ませられるんじゃ…」なんて考えは捨ててください。オタクが最も苦手とするファッションジャンルは、リア充オシャレ男子にすべてお任せしましょう。

騙されたと思って、まずはオタクのビジュアルを調整してみてください。女性にモテないと言われるオタク族でも、第一印象で毛嫌いされることなく、オタクならではの良い部分を知ってもらえるチャンスが訪れます。

「どうせオタクだから…」と恋愛を諦めないで!自分を積極的にアピールすれば、世界はきっと変わりますよ…!

出会い系サイトの「サクラ・詐欺対策」に万全はない! 

セフレ

「出会い系サイトでサクラや詐欺に引っかからないように、サクラや詐欺に関するありとあらゆる情報を調べまくった。しかし、ふと思った。オレオレ詐欺や振り込め詐欺は、詐欺被害を救済しようとする人もまた「詐欺集団」と言うじゃないか……。出会い系サイトももしかすると……、もう何を信用していいのか分からん!」

というお悩みのように、実は「出会い系サイトの被害を救済する詐欺」や「サクラ対策の裏をかくサクラ」もあります。

どうすれば、この出会い系サイトのサクラや詐欺問題の「無限ループ」にハマらないようにできるのでしょうか?

1.「こんな女性はサクラですよ 」は、信用できるのか?

サクラとは、サイト登録者にポイントを使わせて、お金を巻き上げようというやり口です。

出会い系サイトの中には、まっとうな登録女性は一人もおらず、すべてサクラという悪質なサイトもあります。

また、優良と言われる出会い系サイトにも、その監視の目をくぐって、ほかのサイトに誘導して報酬を得ているサクラもいます。

さらには、女性に会えたはいいが、裏に怖いお兄さんがいた、という「美人局的」な詐欺や、ネットワークビジネスやマルチ商法にしつこく勧誘されたという詐欺もあります。

そして、お小遣い稼ぎのキャッシュバッカーも……。出会い系サイトは、まさに、魑魅魍魎の世界です。

この世界で上手く生き抜いていこうと、まずやってみるのは、「こんな女性はサクラですよ」を調べることですよね。

調べてみると、以下のような特徴が出てきました。

一般的なサクラの特徴

  • 登録直後で満足にプロフや写真も設定していないのに、多量のお誘いメールが届く
  • やたらと積極的に誘ってくる、しかもエロイ
  • プロフの写真が超カワイイ、または超美人
  • メールでの会話が微妙にかみ合わない(自動送信やテンプレのメールの可能性)
  • 他のサイトに誘導される
  • なぜか「お金をもらってくれない?」と言う
  • ポイントがなくなりそうになったら、コンタクトを取りたくなるようなアクションを起こし、ポイント購入を誘導してくる
  • 直アドやLINEのアドレス交換に応じない(キャッシュバッカー)
  • なかなか話が進まず、会う約束をしてもドタキャンされる(同)

しかし、これら「サクラの特徴」を信用してもいいのでしょうか?

これらを除外すれば、安全な女性にたどり着くことができるのでしょうか?

もはやこうした「サクラの特徴」は、騙す側も周知の事実です。

こちらが、こうした女性に注意しようとしている間に、すでに「新種のサクラ」が送り込まれているのではないでしょうか?

2.サクラ・詐欺と対策は「いたちごっこ」

サクラや詐欺の手口と被害に合わないための対策は「いたちごっこ」です。

「スピード違反を取り締まる警察と、レーダー探知機」「病原菌と抗生物質」「コンピュータウイルスとセキュリティ」と同じです。

対策を打てば、その対策を上回る攻撃が発生し、その攻撃に対し、また何らかの対策を取らなければならなくなります。

出会い系サイトのサクラ・詐欺対策は、常に最新バージョンにしておかなければなりません。

そのためには、どんな騙しの手口があるのか、どんな女性に、どんな風に騙されたのかを知りたいところです。

しかし、そう思ってネットであれこれ調べると、「こんな女性は怪しい」という情報と一緒に、「なので、○○サイトに登録しましょう」「△△サイトなら安心です」という情報まで簡単に入手できます。

そうです!まずは、ここを疑ってみましょう。簡単に得られる情報は要注意です!

また、出会い系の詐欺被害を救済すると言って、あらたにサイト登録を求める手法も限りなく詐欺臭いです。

救済と言っておきながら、サイト登録料や手数料などが必要になり、それが思いのほか高額であったり、肝心の被害は救済されなかったり、で、結局、別の詐欺に引っかかってしまうのです。

3.サクラ・詐欺は、古典的手法も侮れない!

次々と新しい手法の詐欺や新種のサクラが登場すると、「そろそろ1周回ってやしないか……」と思えてきますよね。

「イマドキ、そんな古典的な手法もないだろう」と考えてしまいがちですが、サクラや詐欺は、古典的手法が途絶えることはありません。

  • 病気で余命半年と言われている
  • 父親のDVで男性恐怖症です。でもなんとかして治したい
  • 実は、有名芸能人の○○さんがあなたに会いたいと言っています
  • 誰にも言えない相談があるんですが……。

これらの話は、たとえ何周回ろうとも、「おかしな話」でなくなることはありません。

むしろ、こんな「誰が見てもサクラ・詐欺」と分かるものを放置しているサイトそのものを疑わなければなりません。

出会い系サイトでサクラ・詐欺への万全の対策はありません。

現状での「こんな女性はサクラだ」「こんな詐欺手法に注意」を参考にし、それだけで安心しないことです。

いま安全と言われているサイトの中にも、巧妙に潜り込んだサクラや詐欺、キャッシュバッカーいることも想定しておきましょう。

女性との会話の内容

セフレ

セフレ作りで大事なのは何といっても会話です。

メールでのやりとりにしろ、実際に面と向かって話すにしろ、黙ったままではお互いに気まずくなってしまいます。 そのために大切なのは、お互いに楽しく話せて話が膨らみそうな話題を予め用意しておくことです。

わたしたちは、会話の内容に非常に困ってしまいます。話したいけど話題が浮かんできません。だから、事前にどんな話をすべきかを予習しておく必要があります。

とはいえ、相手と事前に打ち合わせするなんてことはもちろんできません。どんな話をしたら女性は喜ぶのでしょうか?

ニュース系の話題はNG

基本的なところとして、女性との会話では政治や時事問題などの話題はあまりしない方がいいでしょう。

このような話題を出してしまうと、意識していても持論を持ち出してしまいがちです。 知らず知らずのうちに批判を繰り返せば、「この人って頭良さそうだけど否定ばかりしてネガティブな人なんだな」と思われてしまうのがオチです。 また、下手をすればただの知識のひけらかしとも捉えられかねません。

また、○○動物園で××という動物の赤ちゃんが生まれたみたい、といった話題もテレビで見たというだけでは意外に話題が膨らみにくいです。 その理由は、女性はリアリティを求めるからです。上の例ですと、女性が知りたいのは赤ちゃんが生まれたということではなく、その赤ちゃんが実際に可愛かったのかどうかということです。つまり、女性が興味のある話題とはメディアというフィルターを通した情報ではなく、あなた自身が生身で得た情報なのです。

マニアックな話題はありか?なしか?

人にはそれぞれ異なった趣味があります。その趣味が高じていけば、自然と多くの専門知識も頭に入っているはずですし、経験もしているはずです。 しかしながら、マニアックな話題というものは上手くいけば話が膨らんでいく格好の材料となりますが、逆に相手にドン引きされかねない危険な話題でもあります。 例え自分が好きなものでも、相手が好きなジャンルかどうか分からない場合は、話すのに躊躇するかと思います。

ですが、マニアックな話題は余程相手の女性が毛嫌いしているものでない限りは、受け入れる場合が多いです。

その時の注意点は、常に相手の様子を気にかけることです。好きなものの話題ですと、ついつい突っ走って話したくなってしまいますが、相手があまり知らないジャンルの場合は、興味がありそうなら一から教えるような感覚で、あまり興味がなさそうなら早めに話題を切り上げるようにしましょう。

相手の話にこそヒントがある!

話題は何も自分からだけ出すものではありません。女性側も話したいのですから、どんどん話題を提供してくれます。 特に、おしゃべりな女性の場合は、自分から無理に話題を出すのではなく、相手が話す話題をヒントに、「そういえばこういうものもあるよね」みたいに控えめに話題を膨らませる聞き手に回る方が話が進みます。

相手が話したい場合は、話の腰を折るのではなく、話を聞いて楽しむ側に回るようにした方がいいでしょう。

モテるようになってセフレを作りたい→モテるために自分を変えるのは欺瞞であるという錯覚

セフレ

モテるようになってセフレを作りたい。

だけどモテない。

あなたがモテていないとしたらまず最初にすべきことはなんでしょうか?

  • 仕事をがんばって自分の社会的地位や収入を上げること?
  • ダイエットをして体を鍛えること?
  • 会話術の本を買ってきて女性とのコミュニケーションをスムーズにできるようにすること?

どれも大切ですが、まず最初にすべきことは違います。

最初にすべきは、あなたの髪型・服装を変更することです。

これは「たったの一日であなたを劇的にモテるようにすること」なのですから。

もちろん、それで、すぐに明日から多くの女性に言い寄られるというわけではありません。

しかし、変える前のあなたと変えた後のあなたを比較して、変える前のあなたを選ぶ女性は1人もいないはず。

これほど簡単に「モテる要素」を積み重ねられる変更はありません。

なぜ変えないのか

それでは世の中にはなぜ見た目を変えようとしない男性が多いのでしょうか。

理由のひとつは「面倒だから」でしょう。たしかに、見た目を変える面倒くささがモテたいという気持ちを上回っているなら、変えないことは合理的な行動です。あなたがそういう人生を選ぶなら、何もいうことはありません。

しかし、面倒くさいからではなくて、ひねくれた自意識から自分を変えようとしない男性がいます。

モテるために自分を変えるのは欺瞞であるという錯覚

モテるために服装を変えたり髪型を変えたりすることにある種の欺瞞を感じてしまう人がいるのです。こういう人は女性にモテるために性格を変えたり趣味を変えたりすることはしません。

モテるために自分を変えることは「卑怯なこと」だとさえ思っているのです。自分を偽って女性を手に入れようとしているという錯覚に囚われています。

モテるために自分を変えることは正義

しかし、発想を転換してください。

モテるために自分を変えることは、女性へのサービスなんです。女性が不快な思いをしないために自分が女性に好かれる服装をするということは女性への奉仕なのです。

営業マンがネクタイをするように、ホテルマンが手袋をするように、サービスをされる側は相手の見た目のレベルを要求する権利があるのです。

そうやって自分を変えて恋愛をすることに罪悪感を感じる必要はないのです。

女性の側も同じ

そもそも、それが女性の側でもまったく同じこと。女性側だって何かしらの「欲望」を抱えて男性と付き合うわけです。しかもオシャレして香水をつけて髪型を整えて、何らかの「欲望」を満たそうと努力しているのです。そういうふうに恋愛市場は成り立っているのです。

つまり、あなたが、あなたの勝手な理由で、おかしな自意識からサービスを放棄することは、この市場からはじき出されることを意味します。

結論

そうなれば話は簡単ですね。すぐにでも、あなたは自分を恋愛のサービスマンに変更してください。髪型を変え、服装を変え、靴を履き替えて、女性にモテそうな趣味を始めてください。自分の欲望に忠実になってください。あなたは誰も傷つけることはありません。自分が傷つくこともありません。

大学生の頃からよくテレクラに行っていました

セフレ

本日は出会い系ではなくてテレクラのお話です。

私は大学生の頃からよくテレクラに行っていました。

当時のテレクラは24時間営業で大学が休みの前には夜中から朝までずっと店内に居て女の子をナンパしていました。私が通っていたテレクラは、リンリンハウスでテレクラの業界でも一番大きいグループです。

お店も現在はだいぶ減少はしましたが、当時は大阪でも10店舗以上を越える店舗数がありました。料金の方も1時間2100円からで、私がよく利用していたるのが2時間+リンリンカードのセットで3200円のコースです。これはお店には2時間滞在が出来て通常通り女の子と話が出来て、さらに通常2時間3300円のリンリンカードが1100円で購入出来るお得なセットです。

いま、あえてのテレクラというのもアリだと思います

これで昼間から夕方にかけては店舗で女の子を捜して、夜12時以降になるとカードで女の子を捜す自分なりの最強テレクラコースです。このコース以外にも私なりのテレクラでの遊び方があって、私は基本人妻を狙います。人妻を狙う時間帯は平日の朝から夕方までのデイタイムコースが一番良いです。これで夕方までは出入り自由で利用出来ますし、平日の昼間などは子供が学校に行っている時間なので暇で時間に余裕があって、スケベな人妻からのコールが結構あります。

私もこのコースで昼間から人妻とおいしい思いをたくさんさせて頂きました。私がこれだけテレクラが好きな理由は、まず声だけで相手がどんな人か想像し、会う約束まで取り付けるのが私にとってたまらなくドキドキして楽しいからです。

さらに会う約束をして実際に女の子と会う時のどんな女の子が来るのかというドキドキ感はさらにたまらなかったです。コースを上手く使い分けて、女の子と会うドキドキ感をもっと味わいたいと思います。

24時間勝手に出会いを探してくれるのがなによりの利点

最近はもっぱら出会い系サイトを利用しています。

私が出会い系サイトをやるのにあたって一番重要にするのが、女性の会員の質の高さです。やっぱり女性と会うからにはきれいな人と会いたいですよね。スーパーなどで、たまに思わず目を奪われてしまうような人妻がいたりしますよね。あのレベルがゴロゴロしている感じです。

出会い系サイトは、初めに登録すると無料でポイントがもらえます。さらに友達を紹介したり不定期ではありますがポイント付与のサービスなんかもあります。私はこの無料のポイントを利用してやっぱり人妻を狙います。

さらに会うまでにメールでのやり取りを何日も続けているので、相手の方も警戒心がないですし、お互いの事もある程度分かってからのスタートなので会話もスムーズに進みます。街で初めて会った子を、自分のトークで落としていくのも凄く楽しいのですが、やっぱり確実に落とせる女の子のほうの選択肢を取ってしまいます。私はこうやって二刀流で人妻狙いをしています。

プロフィールの書き方

セフレ

プロフィールはみんなが似たようなことばかり書いています。

だから、「ほんの少し変わっているけど不快に思われない」というような内容にすべきなのです。

たとえば、「サッカー観戦・映画鑑賞・音楽鑑賞などを趣味としています」というのは、プロフィールとしてはほとんど意味がありません。それは、趣味がないと言っているのと同じことです。

プロフィールはあなたがあなたであることを証明するものなのです。

あなたはどんな人なのか。あなたは何が好きなのか。あなたは何をしているのか。

という質問は、つまりはこういうことなんです。

あなたは(他の人と違って)どんな人なのか。あなたは(他の人と違って)何が好きなのか。あなたは(他の人と違って)何をしているのか。

たとえば、私がよく出会い系サイトで使うテクニックは、以下のようなものです。

テレビやラジオなど、メディアに出演する仕事をしています。そのため、お互いに絶対に安全に秘密の関係になれると思います。

実際には、メディアに出演などしていません。しかし、世の中には山ほどテレビやラジオのチャンネルがあるわけで、そんなの、本当かどうかなんてぜったいにわからないものです。

重要なのは、他の人と違うということと、絶対安全だということを同時にアピールできることです。

ほかにも、いろいろなプロフィールを考えられると思います。

プロフィールは、女性会員に何度も何度も見られることになります。

だから、良いプロフィールは、今後のあなたの出会い系人生を、一生にわたって豊かなものにしてくれます。

ぜひ一度、深く深く、プロフィールを考えてみてください。

これから出会い系を使っていく時間は何十、何百時間となるかもしれません。プロフィールの作成に1時間……いえ、30分かけてじっくり作るだけで、その後の出会い系における展開は大きく変わってきます。

男性は特に、プロフィールを軽く見ている人が多いです。だからこそ、しっかりとしたプロフィールは女性にとても好印象を持ってもらえるんです。

プロフィールを書いたら次はメールを書く方法ですね。まずは「基本的なメールの書き方」で学んでみてください。

出会い系でセフレをゲットするための努力をしていますか?

セフレ

出会い系でセフレをゲットするための努力をしていますか?

あなたは、何もしていないのではありませんか?

何もしないで「セフレができたらいいな~」なんて思っているだけではありませんか。

もしも、今のままでセフレができるなら、もうとっくにできているのではありませんか? 今までの1年間で、何度、素人の女性とセックスをしましたか?何回しましたか?

これまでセフレができなかったなら、自分を変えないかぎり、来年も再来年もセフレはできません。

自分を変える必要があるんです。

あなたを受け入れてくれる女性はたくさんいるんです。そういう女性にあなたが出会えるかどうかなのです。

セックスをするために、女性にポジティブな感情を湧き起こさせる

セフレ

セックスをするために、女性を口説く直前には、彼女にポジティブな感情を湧き起こさせる話をするべきです。

たとえば、

いままでいちばんロマンチックだと思った場所はどこ?

と聞くんです。

そうすると、彼女は、その話をしながら、ロマンチックな情景を思い出します。さらにラッキーなことに、あなたといる今この場所とロマンチックな思い出をシンクロさせてしまうのです。

あなたがなんとも思っていない女性のまえで、いままででいちばん楽しかった彼女との思い出を思い出してみてください。確実に、その女性にたいしてポジティブな感情が沸き上がってくるでしょう。

こういうふうに「ポジティブな情景を思い浮かべさせるテクニック」は、じつはメールの段階でも使えるのです。

メールで、女性を食事に誘うときに、そのレストランがどんな場所で、どんな料理があって、どんなムードで、どんな景色が見えるかなんてことを書くと、彼女はあなたといる情景を想像します。想像するから、実現に近づくのです。リアルに想像するから安心するんです。どんな場所かわからなければ、彼女はあなたと食事に行くことを躊躇してしまうのです。

会話でもメールでも、あらゆる場面で、彼女にポジティブな感情を起こさせるような会話を心がけましょう。

それがセックスへの近道です。

経済力がある男性は簡単にセックスできます

セフレ

はっきりいって、経済力があることは、婚活市場では非常に有利になります。

だから経済力がある男性はほんとうに簡単にセックスできます

どんな美女だろうとよりどりみどりです。

彼女たちは金持ちと結婚したいのだから、そのためにセックスをするのは当然なのです。セックスをさせてあげるから、あなたの金を使わせてねと思っているのです。

「男性の年収が多くないとダメ」といっている女性を、男性は嫌いますが、それが現実なのだから仕方ない。

そもそも、男性がお金持ちであるというのは、女性が裕福な生活を送りたいというだけの理由ではないのです。経済力のある人は一般的に人間力がある。知的である。家柄が良い。学歴がある。努力ができる人であるというイメージがあるのです。

もちろん、イメージだけではありません。実際に、そういった人間性と経済力は強い相関があるでしょう。

で、あるならば、もしもみなさんが、年収を増やすことができるのであれば、仕事を頑張ることが結婚への近道なのです。仕事を一生懸命頑張って経済力を身につけてください。

身も蓋もないいいかたですが、それが真実です。

それに、年収が高くないとダメといっている女性をこんなふうに見ることもできます。

「自分の子供をお金のことで苦労させたくない」と。

もしも、女性が十分に年収があったとしても、妊娠や子育て中は働くことができません。そのあいだ、子供に経済的な苦労をかけたくないと考えるのは、母親として当然なのです。

ぎゃくに、その程度の先見性もないような女性は、人間的に魅力がないと考えることができます。

経済力がないからとガッカリすることはありません。

もちろん、経済力を高められない人は結婚できないというわけではありません。

たとえば、公務員の方は、すごくがんばったからといって、年収がすごく増えるというわけではないでしょう。でも、その場合には公務員という地位を武器にすればいい。

あるいは、家事がすごく得意なら、家事が苦手でコンプレックスを持っている女性を一生懸命探せばいい。

というか、極端な話、年収が多いとウソをついてしまえばいいわけですね。

ページの先頭へ